2017
08.10

生きているからこそ


子どものころ 
長崎市に数年間 住んでいました

8月9日は特別な日でした

小学一年のとき はじめて 
被爆者の体験談を聞きました

体育館の全校生徒は
本当に静かに静かに座っていたと思います

その方はご年配の女性でした
お話の内容はもう思い出すことができませんが
うるさいほど鳴く蝉の声の中で

お話される立ち姿
お顔半分のやけどのあと

一生忘れません



moblog_6d2f0a82.jpg


くよくよしたり イライラしたり 
ムッとしたり カッとしたり
自己嫌悪で どよーんと落ちてしまったり

でも 全部 OK!
生きているからこそですよね

これからは
どんな自分にも○をつけて生きていきたいです


関連記事
スポンサーサイト

back-to-top