2016
11.12

神棚の水玉の蓋について

Category: 日々のこと


こんにちは。

先日、 "今年もまた神棚からあの音が聞こえてきた"  をUPしたあと

皆さんのお宅では水玉の蓋をどうされていらっしゃるのだろう?と思って
しばらく検索したところ



はっ!!!!!!!!!!



蓋は開けたままにしておく




これが一般的だということを知りました。(今ごろ、おそすぎ!)


私は水の入れ替えは毎朝していますが
蓋をしたままにしていました。


神様にずっとご無礼をしてきたのです。
そして、自分の無知さを恥じております。



moblog_9c90d280.jpg


上記のように
内側を神様に向けて置く

ほかには
水玉本体に立て掛ける

すぐ下に伏せるか上向きに置く

別の場所に保管する

というのもありました。


蓋は水を入れ替えたあと、神棚まで運ぶときに
自分の息がかからないように
また邪気が入らないようにするためにあるようです。


それから

参拝時だけ開けておいて
それ以外は閉めておく
 方もいらっしゃるようです。


夕方には水玉容器ごとお下げし、翌朝またお供えされる方も。

では

お神酒を入れる瓶子(へいし)の蓋は?

調べてみたのですが
これもこうでなければならないという
特別な決まりはないように感じました。


とにかく、毎朝バタバタしないで
余裕をもって参拝させていただこうと思います。


最後までお読みくださりありがとうございました


関連記事
スポンサーサイト

back-to-top