2016
08.29

伯父に私たちができること 4

Category: 日々のこと
こちらは福岡県です。

熊本地震で住む家を失った伯父(87歳、母の兄)を
私の実家で引き取って4ヶ月。

先日、やっと熊本へ帰ることができました。
朝、従兄(伯父の長男)が高速で迎えにきて
昼には、そのままケアハウスに入所しました。
部屋でお酒を飲めるし、喫煙スぺ―スもあるそうなんで
文句言わずに過ごせそうです。

少し、認知症が入っていた伯父は、時間の感覚が
はっきりしてなくて、自分の妹の家にちょっとだけ滞在したつもりみたいです。
そして、自分の家が崩壊したことをすっかり忘れていて
従兄に 「さあ、家に帰ろう」と言ったそうです。

それを聞いたら、胸が苦しくなったのですが
熊本に戻れて本当によかったです。
熊本の水を飲ませてあげられる!
別々のケアハウスだけど伯母ちゃんに会える!
なんといっても生まれ育ったところで死なせてあげられる!
とにかく、ほっとしました。

母の脇腹にできかかってた帯状疱疹が悪化せずに
治ったこともよかったです。
妹である母が一番、気をつかったと思います。
逆に父は伯父の世話を焼くことでよく動いて
いきいきとしていました。

熊本は、新幹線であっという間のところ。
伯父が私の顔を見て「誰やったかいな?」と言われないうちに
主人と一緒に会いに行こうと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。


伯父に私たちができること 1
伯父に私たちができること 2
伯父に私たちができること 3

関連記事
スポンサーサイト

back-to-top