2014
07.04

“希望、願い、お祈りは方法ではない”

    

 希望と、願いと、祈りは、本人の気持ちを安めますが、これらは何かを実際に得たり
変化させる方法ではないのでまちがえないようにしましょう。

 たとえば、「暴力はやめてもらいたい」「この人はきっと、いつか変わってくれる」と
願いながら何もしないで虐待を受け続けていれば、虐待がひどくなるばかりで
変化は起こりません。

 希望を持つことは大切ですが、その希望を現実化させるには、今までとは違った行動を
とることが必要です。希望を目標に変えましょう。

希望を持って、実際にどんな一歩を踏み出せば、その目標に近づくことができるのか
方法を考えてみましょう。


西尾和美の今日一日のアファメーション
~自分を愛する365日~
 より


西尾さんのメッセージは日替わりで読むことができます。
日々、気づきをもらっています。



スポンサーサイト
back-to-top