2006
07.30

『ALWAYS~三丁目の夕日』ほか

Category: 映画

『ALWAYS~三丁目の夕日』  
もうお別れになっているけど吉岡秀隆を見てたら、一人ぼっちで寂しそうにしている
内田有紀を想像してしまった。彼女もいつかきっと“亭主は元気で留守がいい”って
思う日が来ると思うな。そんなことより肝心の映画の感想は!!!
映画村っぽい? 昭和の町テーマーパークに行ってきたような感じだった。

『アタックナンバーハーフ』
これ、実話だったんだ!
ジュンちゃんのお父さんとお母さんの人柄が素敵!すばらしかった。
「アタックナンバーハーフ2」も出てるのかぁ
どうしよう、見ようかな、やめようかな・・・・;;;
な~んか気になる タイ映画。

『シャロウ・グレイブ』
腐敗しはじめた死体の顔面を叩き潰すときの音が忘れられない。
大金を目にしなければ3人は仲良く暮らしていたんだろうに・・・・
ところで、うちの天井裏ってどうなっているんだろう?

『ワイルド・シングス』
マット・ディロンの声を久しぶりに聞いた。
最初は彼に同情もしたけれど、なんのなんの!主役はこの人じゃない。
私のIQってどのくらいだろう?高くないことはたしか。
高かったらもうちょっとうまくやっている(笑
それからケビィン・べーコンのシャワーのシーンを思い出すと (*/∇\*)キャ

『私の頭の中の消しゴム』
埃っぽい作業服でくしゃくしゃ頭、ちょっと野蛮な感じが素敵なチョルスだったのに
そんなに簡単に恋に落ちてネクタイなんか締めないでよって思った。けれど・・・
それからずっと献身的な夫になる。ぽろぽろ、よく泣く。
女房に異変があったら仕事をほったらかしてジープをとばす。胸が熱くなった。
スジンの病状が進み、職場でだんだん仕事がこなせなくなっていくシーンはない。
二人が一緒に過ごす時間の方が大事だものね。

『チャーリーとチョコレート工場』
遠い国から連れてこられてちょっと気の毒ではあるんだけど・・・
ウンパ・ルンパたちの歌とダンスにはまってしまった♪
ジョニー・デップの表情とイヒッ エヘッていうしゃべり方もエキセントリックで可笑しすぎ!
この役、ジム・キャリーでもピッタリだろうけど、それじゃまったくおもしろくなかったろうな。ところでジョニーは映画出演のオファーがきたとき、どんな基準で決めてるんだろう!?

『ユリイカ』
3時間37分。セピア色の映像は時間が止まってしまったようで気が遠くなる。
でも、蝉の声からこおろぎの声になり季節が変わったのがわかる。
心の奥の深い傷の痛みを誰かにわかってもらおうなんて無理だし
彼らがその傷跡と一緒に生きていくんだと割り切るまでの重苦しさと息苦しさを感じた。

『ダニー・ザ・ドッグ』
かなり残酷なお話。だけどアクション映画なので、その辺はカラッとサッパリと出来ている。
ジェット・リーの表情が可愛い。彼、43歳!?
小柄だし、ずっと少年のままでいるんだろうね。
それにしても、また 出たぁ~っ モーガン・フリーマン!!!


他に『タクシー・ドライバー』
   『コーリング』
   『オーシャンズ12』
   『アイランド』
   『Mr.& Mrs.スミス』を見た。


スポンサーサイト
back-to-top