2005
12.30

『ロード・トゥ・パーディション』ほか

Category: 映画

『ロード・トゥ・パーディション』
トム・ハンクスのこういった役はめずらしいなと思った。
坊やのドライビングテクニックが上達していくところがわくわくした!

『コンタクト』
この映画では日本の建設会社は手抜きなしの立派な仕事をしたよねぇ。
それにしてもジョディ、色気なさ過ぎ。

『ミスティック・リバー』
少年愛好者、おまえが一番悪いっ!

『ザ・セル』
人間形成には子供のころの環境が大きく影響するんだね。
子育てって大変で責任重大なことだと思った。

『アメリ』
インテリアが素敵♪
アメリの部屋の瞬間湯沸し器が気に入った!

『モーターサイクル・ダイアリーズ』
革命家 チェ・ゲバラの話だとはまったく知らないで見た。
途中、ドキュメンタリーふうになったりして意外と嵌ってしまった。

『ショコラ』
ブラウスにカーディガン、フレアスカート。
いいなぁ、また着てみたくなったよ♪

『ボディ・バンク』
ヒュー・グラントがお医者さまだったら
なにがなんでも病気になって毎日診察してもらいたいなぁ~

『 Shall We Dance? 』
日本版を見たとき、なんだかものたりなくて寂しい感じがした。
その理由がこちらを見てわかった。アメリカ版には“夫婦愛”が描かれていた!
ああ、スッキリしたよ♪

他に『ハウルの動く城』と『ネバー・ランド』を見たけど
どちらも途中で退屈してしまった。。。。。
私はいつ“おとな”になってしまったんやろか?


スポンサーサイト
back-to-top