2017
08.10

生きているからこそ


子どものころ 
長崎市に数年間 住んでいました

8月9日は特別な日でした

小学一年のとき はじめて 
被爆者の体験談を聞きました

体育館の全校生徒は
本当に静かに静かに座っていたと思います

その方はご年配の女性でした
お話の内容はもう思い出すことができませんが
うるさいほど鳴く蝉の声の中で

お話される立ち姿
お顔半分のやけどのあと

一生忘れません



moblog_6d2f0a82.jpg


くよくよしたり イライラしたり 
ムッとしたり カッとしたり
自己嫌悪で どよーんと落ちてしまったり

でも 全部 OK!
生きているからこそですよね

これからは
どんな自分にも○をつけて生きていきたいです



スポンサーサイト
2017
07.31

おじいちゃんになる旦那


旦那(50代)が来年のはじめに
"おじいちゃん" になります

旦那には前の奥さんとの間に娘がおりまして
結婚5年目にして赤ちゃんを授かったとのこと

"おめでとう おじいちゃんになるんやね" って言っても

"うーん" と あまり ピンときてない様子

子どもがあまり好きじゃないひとなんだけど
生まれたら きっと かわいいと思うでしょう
かわいい娘の子どもだもん

旦那がとてもうらやましいです
わたしは生涯 孫を抱けませんから

旦那はこれから
孫のいろいろな行事にお祝いを包むことでしょう

まずは 
出産祝いをいくら包むのかな 




back-to-top